責任の所在

一般社団法人の設立と責任の所在について

現代の日本には様々な活動を行う団体が存在しています。営利団体から非営利団体まで様々な活動を行う団体が存在していますが、一般社団法人の様な仕組みによって法人格が取得できるようになるまでには様々な問題が存在していました。しかしながら一般社団法人の設立が可能になった現在においてはその様な問題を解決するための手段が明確に用意されるようになり、団体の活動を行う上で問題になっていた様々な内容を解決させることが出来るようになりました。

一般社団法人設立のためにはある程度の専門知識が必要となるのが一般的な見解ですが、最近では設立手続きを手厚くサポートしてくれる業者が存在していますので、現実的に選択できな方法ではなくなったと言えるのです。

この様な一般社団法人による団体の法人化が可能になったことで解決した問題は沢山ありますが、その中でも非常に大きな問題であったのが責任に関するものであると言えます。団体の活動をする上で対象が個人であれば余り問題になることもないのですが、相手が個人ではなく企業など別の団体になっている場合には法人化していないということは大きな足かせとなるのです。

一般社団法人の設立をしていない場合、団体の活動は団体の代表者一個人の責任の下で全ての活動が行われる事になります。金銭的な問題に関しても法人設立が出来なければ代表者個人の名義での資金管理をせざるをえないため、透明性に劣る仕組みしか持てないのが課題でした。そのため企業などを相手にして活動をする場合、法人化できていないということは大きな足かせとなっていたのです。

また、責任に関しても法人化しない場合には個人の無限責任でしかないため、信用に劣る状態になっているというのが法人化しない場合の特徴です。相手に対して社会的な責任の所在を明確に示すための手段としては一般社団法人の設立は非常に有効な手段であると言えるのです。

この様な社会的な背景から一般社団法人の設立はある程度大きな規模で活動を行う団体には必要不可欠な仕組みであると言えるでしょう。代表者が変更になる可能性のある組織ではなおさらのことであり、しっかりと法人格を取得して活動を行うことが対外的に信頼を得て活動を行うためお最低条件となってきていると言えるのです。またこの仕組みは団体を管理する代表者個人にとっても大きなメリットのある行動であり、社会的な責任を明確にする必要な行動であると言えます。